アイピルの価格と膵炎の副作用

アイピルの価格は1錠あたり1200円程度と非常に高くなっているのですが、アフターピルなので1錠あるだけで十分に妊娠を予防することができるので価格としては比較的負担が小さいので、一般的にも広く利用されているアフターピルです。アイピルは緊急避妊用に使われているものなので、継続的に服用してしまうと女性ホルモンのバランスが整うまでに重い副作用が出る場合もありますが、安定するとこれらの不快な症状は出なくなります。しかしアイピルは日常的に服用する低用量ピルとは違っていて、女性ホルモンに対する作用が大きいので日常的に服用することは避けなければなりません。膵炎との関連性に関してはほとんどないとされていますが、アルコールを飲み過ぎることで膵炎になったり、または大きなストレスを毎日受けている女性がアイピルを服用して、同じタイミングで膵炎になる可能性もあるので、その場合にはアルコールを中止して、ストレスの原因を解決することによって、膵炎の悪化を防ぐことができます。アイピルはセックスのときに避妊し失敗してしまった女性が服用する緊急避妊用のピルなので1錠あたりの価格が高く設定されています。理由としては服用は1錠で済むのでそれ以上の個数を所持していても役に立たないこともあります。またこのピルに関しては用量が比較的大きなピルなので、日常的に避妊をする場合には低用量ピルや超低用量ピルを服用しなければなりません。またインターネットなどで購入して自分の判断で服用する場合には適切な方法で服用をしないと血栓症のリスクが高まるとされていて、とくに短期間でピルの服用を中止して、再度飲み始めることを繰り返していると血栓症のリスクが急激に上昇するとされています。