アイピルの避妊効果とは?

アイピル(I-Pill)は、緊急避妊薬として開発された避妊ピルで、一般的な毎日飲むタイプの避妊ピルとはかなり趣きが異なるものです。アイピル(I-Pill)は、避妊に失敗するなどの緊急事態があったとき、その72時間後までの時間内に服用するものとされています。
このアイピル(I-Pill)の有効成分は、女性の体内で分泌される女性ホルモンと同じはたらきをする合成物質です。アイピル(I-Pill)を服用すると、この成分が作用して、まず卵巣から卵子が放出される、いわゆる排卵を抑制します。この排卵の抑制によって、まずは卵子が受精することがなくなります。もし間に合わずに受精してしまった場合ですが、受精卵は卵管という通り道をゆっくりと子宮のほうに移動し、やがて子宮の内部に着床して、これによって妊娠が成立します。アイピル(I-Pill)は、この受精卵が子宮に達する前に、強制的に生理を起こして子宮内膜とよばれる受精卵が着床する場所をはがしてしまうため、着床しなくなってしまいます。こうしたダブルのはたらきによって、緊急に避妊を行うという効果があるのです。
ただし、アイピル(I-Pill)の力によって強制的に生理を起こすには、体が準備するだけのある程度の時間も必要となり、これは受精卵が子宮に達するまでの時間との綱引きとなります。72時間という有効期間の設定は、そうした意味でのぎりぎりの時間ととらえることができます。72時間を過ぎてもまったく効果がないとはいえませんが、この時間を過ぎてからアイピル(I-Pill)を飲んだとしても、期待したような避妊効果が得られない場合がありますので、まずは服用にあたって、このタイムリミットをしっかりとおさえておく必要があります。